暮らしの魅力

  • 那須塩原市
  • 名所

加登屋旅館 「板室」の歴史と引き継ぐ旅館

加登屋旅館は、板室温泉街の老舗旅館の一つで最も奥まった場所に位置します。板室温泉は、康平2年(1059)に発見されたと伝えられ、那珂川の支流湯川沿いの山峡に開けた湯治場です。泉質はアルカリ性単純泉で古来より神経痛やリウマチなどに効くとされ「下野の薬湯」としても知られています。

昭和53年(1978)の大火により、多くの木造旅館が焼失した中で、加登屋旅館はかつての湯治場の雰囲気を色濃く残す貴重な建物です。平成28年(2016)2月25日に国の登録有形文化財に登録されました。

地元民 ひと言メモ

情緒ある温泉街でもひときわ目を引く素敵な建物!

DATA
  • 住所:那須塩原市板室859
  • 電話番号:0287-69-0201