暮らしの魅力

  • 小山市
  • 市内のエリア・スポット

ロブレ 小山駅直結のショッピングセンター

映画館やギャラリー、公共施設などが揃った複合商業施設。平成30年4月には城山さくら学童保育クラブもオープンし、子供のための屋内運動遊び場『キッズランドおやま』や子供用品『西松屋』といった子育て世代にうれしいお店も充実しています。

 

 

なかでも注目の施設はこちら!

ロブレ1階にある『おやま本場結城紬クラフト館』は、小山の伝統産業「本場結城紬」のPR&情報発信の拠点として、平成28年5月にオープンしました。

小山の伝統産業である「本場結城紬」の展示・小物等の販売から、実演見学やワークショップなど、さまざまな体験をすることもできます。また本場結城紬の着物を実際に着て街歩きができる『着心地体験』も可能。(要予約・有料)

館内には小山市観光協会も併設されているので、市内の情報収集はもちろん、観光情報なども案内していただけます。

 

開館時間:午前9時~午後6時。

休館日:12/3~1/1(月曜は展示見学のみ)

電話0285−32−6477

 

 

20以上もの製作工程がすべて手作業で行われる本場結城紬。毎月第1土曜は、糸つむぎや地(じ)機織(ばたお)りの実演が行われ、職人の伝統の技を間近で見学することができます。

また、毎月第3日曜は本場結城紬の糸でコースター織りの体験も行なっています

(参加費¥1.000 ※小学校および義務教育学校3年生以上)。

※着心地体験は一週間前までに要予約。料金は2,500円です。

 

 

 

まゆクラフト講座では、まゆを使ってストラップや人形、コサージュなどの小物を作成することができます。写真のキャラクターは、小山市が誇る渡良瀬遊水地の第2調整池の形が猫に似ていることから生まれたマスコットキャラクター『ラムねこ』。顔を書き込むだけの絵付けコースもOK。

 

 

 

キッズランドおやま

6つのゾーンで遊び尽くす!親子で楽しめる屋内運動遊び場

5階の『キッズランドおやま』は、生後6ヶ月から小学6年生までのお子さんを対象とした屋内運動遊び場。一度に250名も収容できるほど広々としていて、天候に左右されることなく存分に遊べるため、大人も子供も大満足のスポットです。

北関東最大級のボールプールゾーンや、三輪車でコースを走るサーキットゾーン、本格的な“ごっこ遊び”ができるロールプレイゾーン、バランス遊具で全身を使って遊べるアクティブゾーン、はいはい期の赤ちゃんも安心して遊べるベビーゾーン、秘密基地のような場所で好きに本が読める絵本コーナーの6つのエリアで構成。子どもの年齢や興味に合わせて遊ぶことができるので、一緒に遊びながら子どもの成長を感じることができます。

 

利用時間:1クール90分100円。

10:00〜、12:00〜、14:00〜、16:00〜の1日4クール、定員各250名程度。

定休日:火曜、12/31、1/1他

電話:0285-39-7742

 

ボールプールには、大型の滑り台やブランコも充実。ボールの中を歩くだけでバランス感覚を養うことができます。

 

カラフルな遊具ではいはい期の赤ちゃんの興味を、視覚や聴覚から刺激するベビーゾーン。日々、子どもの成長を実感することができます。

 

巨大なトランポリン状のマットの上で、走ったり跳ねたりするだけで全身の身体能力が高まるゾーン。年齢によって遊び方を考えながら楽しむことができます。

 

本格的なおままごとセットや、お店やさんごっこなど、子どもの想像力をかきたてる遊具も充実。

 

静かに椅子に座ってお家の人に絵本を読んでもらうのもよし、船の秘密基地に隠れて好きな本を眺めるのもよし。無限の世界が広がる絵本ゾーン。

 

 

 

おやまコミュニティFM『おーラジ』

 

小山の防災情報から、お店やイベントなどの新鮮な情報まで、毎日生放送で発信!

ロブレ4階に2017年11月4日に開局したラジオ放送局。放送エリアが小山市内に限定されているため、地域に特化した情報が発信されています。放送時間は、朝7時から夜9時まで。毎日生放送で、イベント情報から飲食店や企業の紹介、地域のスポーツなど、小山市で行なわれているさまざまな“旬”な話題を取り上げています。また災害時には市と連携し「防災ラジオ」として緊急情報も発信。地域に特化したリアルな情報をお届けします。

安心・安全な街づくりと、地域の活性化に貢献する、地域密着型の放送局『おーラジ』。放送の様子はスタジオ横の共有テラスから自由に見学することができます。また、放送はアプリをダウンロードすれば、市外からでも聞くことが可能です。

 

 

オリジナル番組の事前打ち合わせ。『小山市提供 OYAMA開運ラジオ』では小山市役所の各部署から職員がゲスト出演し、市からのさまざまな情報を発信しています。平日の12時から放送中。

 

 

リスナーからリアルタイムの情報が届くこともあるため、パーソナリティは番組へのメッセージもこまめにチェック。役に立つ情報やお出かけのヒントになる案内など、旬の話題がお届けできるのも生放送ならでは。

 

 

 

さらに、こんな施設も入ってます。

「とちぎ結婚支援センター 小山」

平成29年11月22日の“良い夫婦の日”に、小山市では結婚活動応援事業の一環として、ロブレ6階に結婚支援センター小山をオープン。

結婚を希望する独身男女の、ポジティブな婚活を応援しています。

この「とちぎ結婚支援センター」は、県内では他に宇都宮と那須塩原のセンターがあり、どのセンターで登録をしてもお相手探しの情報を閲覧することができます。すでに小山センターでは、開所から一年足らずで、登録者数は約280人。180組のマッチングを実現させています。登録できるのは、栃木県内在住・在勤の20歳以上の独身男女。今は県外に住んでいるけれど、いずれ栃木に住む予定という方や、結婚後に栃木に居住できる方も対象となります。

 

 

センター内では、プライベートを尊重し、利用者同士が顔を合わせることのないよう、すべて予約制。専用のタブレットを閲覧しながらのお相手探しも、スタッフが必要以上に介入することはありません。

 

 

スタッフは利用者の相談にのったり、婚活イベントの紹介や、カップル成立後のフォローに至るまで、必要に応じたタイミングでしっかりサポートしてくれます。

 

市がバックアップしている事業のため、登録費用も安く、安心して自分にあったお相手を見つけることができます。また、成婚後に小山に住居を構えることになった場合でも、その後のさまざまな補助制度なども案内してもらえるので、さらに安心です。