暮らしの魅力

  • 那須塩原市
  • 名所

逆杉 1500年生きるエネルギーに満ちた杉

塩原八幡宮の神木。樹齢1500年、高さ40m、雄木と雌木の二本からなり「夫婦杉」とも呼ばれる。

 

昭和12年には国の天然記念物に指定され、栃木県の銘木百選にも選ばれる県内最大の杉。

 

梢に近く高い幹に垂れた太い枝が多いところから「逆杉」と呼ばれるようになったと言われています。言い伝えでは源義家が奥州征伐の際に、この地で戦勝祈願を行い、しめ竹の代わりに2本のスギを植えたのが逆杉になったと伝わっています。

地元民 ひと言メモ

言わずと知れた市内屈指のパワースポット!

DATA